NAGAIだけの安心 日本国内製の強靭な鋳鉄フレーム

日本国内製の強靭な鋳鉄フレーム  
断裁機のフレームには、埼玉県川口市生産の鋳鉄を採用しています。 使用される鋳鉄は、ミーハナイト製法で生産され、長年の研究により得られた独自の合金元素含有率によって硬さのピーク値を改善しながらも粘り強い強靭な特性を誇ります。また、高い減衰能によって振動をすみやかに吸収し機械の消耗を抑制します。「ナガイの断裁機は長持ちする」という評価のゆえんがここにあります。

硬い印刷や厚い材料も安心 高エネルギー効率断裁システム

フラットなトルク特性が庖丁のストローク全域で安定した断裁を実現  
ベアリングの高精度位置出しなど、徹底して低フリクション化された高効率フライホールシステムと独自の高剛性クランク機構によって、庖丁が持つ本来の能力を必要なときに最高のレスポンスで引き出すことができます。これらのシステムにより1クラス上の大型の電気モーターを搭載した断裁機に匹敵するキレの良さを素晴らしいエネルギー効率で実現しています。フラットなトルク特性が庖丁のストローク全域で安定した断裁を実現。

ありのままが見える 庖丁高さ調整機構

ありのままが見える 庖丁高さ調整機構  
NCW-E1シリーズでは調整量がそのまま見える中盤ロッド方式を採用。専用ハンドル1本で調整が可能。NC-80HHE1、NC-64HFE1では駆動ロッドを伸縮させる、ターンバックス方式を採用。回した分だけ調整できるので、スピーディなのが特徴です。

より高い信頼性で安定した「押さえ」

より高い信頼性で安定した「押さえ」  
紙押え(クランプ)を駆動する油圧ユニットに、どの積み高さでも安定して押さえられる独自のシリンダーや電磁弁を協調させた油圧回路、信頼性の高い金属パイプラインなどを全機種標準装備。高い負荷でもゆらぐことのない、盤石のハイパワーをお約束致します。

業界トップの曲がりにくさが頼もしい 高剛性バックゲージ

業界トップの曲がりにくさが頼もしい 高剛性バックゲージ  
バックゲージを支えるテーブルの下のガイドに面接触ガイドレールを使用。紙を突き揃えたときの衝撃を面で分散するため、点で接触するリニアガイドタイプを上回る耐久性を誇ります。NC-80HHE1、NC-64HFE1では、より起動摩擦が小さく応答性に優れ、高耐入力な与圧式リニアガイドレールを採用。

スムーズだから長持ち ボールねじ式送り装置

スムーズだから長持ち ボールねじ式送り装置  
送り装置には、ねじの回転による直動機構を採用。ねじには、ねじの中でも特に回転抵抗が小さいボールタイプを採用。また、ねじは研削加工で磨きがかかっており、形状精度に優れます。そのため、実際の移動距離と画面での表示誤差が極めて小さくなっています。

長期の使用による精度ダウンを低減 精密仕上げスライド機構

長期の使用による精度ダウンを低減 精密仕上げスライド機構  
12カ所のスライド面に「きさげ加工」を実施。この精密仕上げによって、断裁機の可動部の潤滑条件を最適化し、精度の低下を抑制しています。きさげ加工は弊社社員の中でも特に高度な技能を有する「認定クラフトマン」だけに許された手作業の工程です。きさげは、一般的な工作機械では不可能な、頭髪が入らない程の隙間を管理する、極めて精密な加工です。 その公差は0mm+0.019mmと、まさに極限の領域です。

省エネで、しかも高精度 ダイレクトドライブ送りモーター

省エネで、しかも高精度 ダイレクトドライブ送りモーター  
バックゲージを動かす送り装置に、電気モーターを直結するダイレクトドライブを採用。これにより従来の減速機付きの送り装置と比較して、制御対象の一次遅れ要素が省略され、応答の立ち上がりや停止までの動特性が大幅に改善。  
長期の使用による精度ダウンを低減 精密仕上げスライド機構