断裁トラブル

包丁のそりなどの要因がトラブルの原因となることがあります。

断裁包丁は、様々な要因でそりが発生し、断裁のトラブルになります。

そりの発生している断裁包丁を断裁機に取り付けた場合、取り付け時点ではボルトで
取り付けるため視覚的には問題が無いように見え、影響は無いように考えられますが、実際は断裁トラブルの原因になっていることが多々あります。
そのため、通常断裁トラブルの発生した場合、断裁機を点検する前に、トラブルの再現を確かめ、まず断裁包丁をはずして、その包丁が反っていたり歪んでいたりしないか、研磨の状態や寸法などを拝見します。また、予備の包丁の反りや歪みのない予備の包丁を取り付けて切れ具合を点検いたします。そして、多くの場合、そりや歪が原因になっています。
多数のボルトで取り付けるのですが、現実には有意差が発生しトラブルとなるので、
未然に防ぐには、反りや歪の無い包丁であることを確認して使用することをお勧めいたします。

そり、歪の要因は、主に保管の不備、研磨、長期間使用の劣化、初期不良などがあります。

まず、保管の不備は大変多く発生しています。特に断裁回数が少ないお客様では、
予備の包丁を使用するタイミングが長く、包丁単体で、平たい部分を壁に斜めに立てかけるなどは多くのそりの原因となります。

保管は包丁台に取り付け、刃が壁と垂直になるような立てかけ方が良い立てかけ方です。できれば、包丁立てを別に用意して立てかけると、保管も見える管理が出来るようになります。
包丁を、床に平置きすることもありますが、床のため、そりは否めないことと、
足元の湿気などで錆が発生することもあり、推奨できません。

次に研磨の際に反ることがありますが、通常研磨屋さんは大変反りに気を使って研磨
しますのでほとんど反ることはありません。逆に長期使用によるそりを、研磨屋さんで
修正していただいている場合が多いのが実情です。したがって、そりのある場合は
出入りの研磨や産に相談すると修正していただけます。
反る場合は、たいてい研磨条件の設定ミスが多く熱が掛かって反ることが多いようです。

長期間使用による反り、歪は、使用の過程で発生してしまうことで、包丁の個体差も
ありますが、多くの場合、そりの発生は包丁が相当に減っている場合に発生します。
その場合は、包丁の寿命も近いので新しい包丁を購入されることをお奨めします。

初期不良は、通常メーカーから出て行きませんのでご安心ください。万が一発生した場合はクレームにて交換いたします。

初期不良の発生する要因は、包丁の製造工程での残留応力の出現で発生します。

断裁包丁(ナイフ)は、その製造工程で、ハガネを台金にロウ付けしています。
包丁の刃の部分が、ハガネです。断裁機を取り付ける広い部分は台金と言います。
ロウ付けというのは、金属をのりとして利用して、ハガネを台金に付ける手法です。
のりとなる合金を台金とハガネの間に置き、全体を高温にして合金を溶かして
はんだのように溶着します。
高温に晒され、常温に戻る際に、ハガネ、ろうの合金、台金のそれぞれに熱による
応力が残留します。包丁メーカーさんは、それらが残留しないように製作する
ノウハウを持っているわけですが完全になくならないわけです。

近年では、高温に晒して残留応力を発生させないように接着剤をを用いて刃(ハガネや
超硬)を台金に着ける刃も登場しています。そういった包丁は、歪がないため
切れ味が良く、包丁の持ちも長くなる特長があります。近年は航空機も接着剤で組み立てられている様に接着剤が大変進歩しているため登場してきたと考えられます。

Q.断裁辺が斜めになってしまう。

【斜状カット】
naname_cut.jpg
断裁辺が斜めになってしまう状態を「斜状カット」と言います。
理由としては、次のようなことが考えられます。

Q.断裁辺が、凹凸になってしまう。

【凹状凸状カット】
outotsu_cu%EF%BD%94.jpg
断裁辺が、凹状(または凸状)になってしまう状態を「凹状凸状カット」と言います。
理由としては、次のようなことが考えられます。

Q.断裁面が階段状になってしまう。

【ステップカット】
step_cut.jpg.断裁面が階段状になってしまう状態を「ステップカット」と言います。
理由としては、次のようなことが考えられます。

Q.紙束の上下は正しく切れるが、真ん中が短くなってしまう。

【ホーローカット】
horo_cut.jpg
紙束の真ん中が短く断裁されてしまう状態を「ホーローカット」と言います。
理由としては、次のようなことが考えられます。

Q.全体的には正しく切れるが、上から4~6枚の紙だけが長くなってしまう。

【マッシュルームカット】
mushroom_cut.jpg
紙束の上から数枚だけが長く断裁されてしまう状態を「マッシュルームカット」と言います。
理由としては、次のようなことが考えられます。

Q.庖丁が内側へずれる。上の紙は正しく切れるが、下の紙が短くなってしまう。

【アンダーカット】
under_cut.jpg
紙束の下の方の紙が、上に比べて短く断裁されてしまう状態を「アンダーカット」と言います。
理由としては、次のようなことが考えられます。

Q.庖丁が外側へずれる。上の紙は正しく切れるが、下の紙が長くなってしまう。

【オーバーカット】
orver_cut.jpg
紙束の下の方の紙が、上に比べて長く断裁されてしまう状態を「オーバーカット」と言います。
理由としては、次のようなことが考えられます。

包丁の基礎知識

包丁(ナイフ)の保管について

断裁包丁は、そりや曲がりが起きにくいように保管する必要があります。
具体的には、包丁(ナイフ)を包丁板に取り付けるか包丁ホルダに入れ、包丁の峰側(背)を専用包丁立てかけ台に立てかける保管を推奨いたします。
床への平置きは、錆も発生しやすく、床によっては反りも起こり、一番の問題は
作業場の危険要因になりますので推奨できません。
包丁を包丁板に取り付けないで、壁に幅広い側を持たせて立てかけることはそりの原因になりますし、それよりも大変危険ですので、もしそういう場合はすぐに止め、上記の状態にして保管されることをお奨めします。


Q.包丁の寸法は?

弊社断裁機の主な機種の包丁長さを下記に示します。お役立て下さい。

NC64HF 780mm
NC80HH 980mm
NCW102HH 千鳥 1250mm
NCW116HH 千鳥 1390mm
NCW137HH 千鳥 1610mm
NCW137HF 千鳥 1620mm
NCW160HF 千鳥 1850mm

*Wシリーズの千鳥とは、包丁取り付けボルトの穴位置の識別です。旧製品では平行もあります。
*同一機種でも年式によって千鳥か平行に区別されますので注意してください。
*詳細は、お手数ですが弊社サービス課(048-255-4670)までお問い合わせ願います。

Q.包丁の重さは?

主な断裁機の包丁の重さ(包丁メーカーによって若干異なります)を下記に示します。お役立て下さい。
なお重量は新品包丁の概算です。詳細は、サービス課048-255-4670までお問い合わせ下さい。

NC64HF用 ハイス刃5.2kg、超硬刃5.9kg
NC80HH用 ハイス刃11.3kg、超硬刃12.3kg
NCW102HH用 ハイス刃17.8kg、超硬刃19.0kg
NCW116HH用 ハイス刃22.8kg、超硬刃24.2kg
NCW137HH用 ハイス刃26.5kg、超硬刃28.1kg
NCW137HF用 ハイス刃26.6kg、超硬刃28.2kg
NCW160HF用 ハイス刃37.4kg、超硬刃39.2kg

(なお機種名の後のコンピュータ名(例えばD6,D7)は省略)

Q.庖丁の選び方と、各部名称

■庖丁の選び方
一般的に、庖丁の切れ味の良し悪しや寿命は、次に掲げる要素によって決まります。

Q.紙質に最適な刃角とクランプ圧

【刃角】
刃の角度は、紙質に応じて選ぶと精度が高く、長寿命になります。
軟い紙質………狭い刃角
硬い紙質………広い刃角

Q.カッターステッキの寿命

4面×2/週を目安と考え、交換してください。

Q.庖丁とクランプとのクリアランス

庖丁とクランプとのクリアランスは5/100~30/100mm程度になっています。
庖丁にソリなどがあるとクリアランスがなくなるため、常に確認し、絶対に接触する事のない様十分注意しましょう。

Q.庖丁の素材(鋼種)と角度

■庖丁の素材
庖丁のには刃の素材別に次のような種類があります。また、切れ味は、紙質によっては刃角の工夫も必要となる場合があります。

良くある質問

包丁のそりなどの要因がトラブルの原因となることがあります。

断裁包丁は、様々な要因でそりが発生し、断裁のトラブルになります。

そりの発生している断裁包丁を断裁機に取り付けた場合、取り付け時点ではボルトで
取り付けるため視覚的には問題が無いように見え、影響は無いように考えられますが、実際は断裁トラブルの原因になっていることが多々あります。
そのため、通常断裁トラブルの発生した場合、断裁機を点検する前に、トラブルの再現を確かめ、まず断裁包丁をはずして、その包丁が反っていたり歪んでいたりしないか、研磨の状態や寸法などを拝見します。また、予備の包丁の反りや歪みのない予備の包丁を取り付けて切れ具合を点検いたします。そして、多くの場合、そりや歪が原因になっています。
多数のボルトで取り付けるのですが、現実には有意差が発生しトラブルとなるので、
未然に防ぐには、反りや歪の無い包丁であることを確認して使用することをお勧めいたします。

そり、歪の要因は、主に保管の不備、研磨、長期間使用の劣化、初期不良などがあります。

まず、保管の不備は大変多く発生しています。特に断裁回数が少ないお客様では、
予備の包丁を使用するタイミングが長く、包丁単体で、平たい部分を壁に斜めに立てかけるなどは多くのそりの原因となります。

保管は包丁台に取り付け、刃が壁と垂直になるような立てかけ方が良い立てかけ方です。できれば、包丁立てを別に用意して立てかけると、保管も見える管理が出来るようになります。
包丁を、床に平置きすることもありますが、床のため、そりは否めないことと、
足元の湿気などで錆が発生することもあり、推奨できません。

次に研磨の際に反ることがありますが、通常研磨屋さんは大変反りに気を使って研磨
しますのでほとんど反ることはありません。逆に長期使用によるそりを、研磨屋さんで
修正していただいている場合が多いのが実情です。したがって、そりのある場合は
出入りの研磨や産に相談すると修正していただけます。
反る場合は、たいてい研磨条件の設定ミスが多く熱が掛かって反ることが多いようです。

長期間使用による反り、歪は、使用の過程で発生してしまうことで、包丁の個体差も
ありますが、多くの場合、そりの発生は包丁が相当に減っている場合に発生します。
その場合は、包丁の寿命も近いので新しい包丁を購入されることをお奨めします。

初期不良は、通常メーカーから出て行きませんのでご安心ください。万が一発生した場合はクレームにて交換いたします。

初期不良の発生する要因は、包丁の製造工程での残留応力の出現で発生します。

断裁包丁(ナイフ)は、その製造工程で、ハガネを台金にロウ付けしています。
包丁の刃の部分が、ハガネです。断裁機を取り付ける広い部分は台金と言います。
ロウ付けというのは、金属をのりとして利用して、ハガネを台金に付ける手法です。
のりとなる合金を台金とハガネの間に置き、全体を高温にして合金を溶かして
はんだのように溶着します。
高温に晒され、常温に戻る際に、ハガネ、ろうの合金、台金のそれぞれに熱による
応力が残留します。包丁メーカーさんは、それらが残留しないように製作する
ノウハウを持っているわけですが完全になくならないわけです。

近年では、高温に晒して残留応力を発生させないように接着剤をを用いて刃(ハガネや
超硬)を台金に着ける刃も登場しています。そういった包丁は、歪がないため
切れ味が良く、包丁の持ちも長くなる特長があります。近年は航空機も接着剤で組み立てられている様に接着剤が大変進歩しているため登場してきたと考えられます。

ユポを断裁したい。

ユポは合成紙です。ユポを断裁する際は、鋭角で傷の無い包丁を使用し、断裁前に十分エア抜きをする。1回の断裁高さは15cm以下にする。ことが望ましい指標となります。指標ですので、補償しかねますことをご容赦願います。ご不明点は弊社サービス課(電話048-255-4670)までお問い合わせお願いいたします。

自動運転中に寸法を変更できないか?

NCD7、NCD8はできます。NCD6までは、自動運転中には訂正が出来ませんでしたが、NCD7、NCD8では、その工程のデータの修正が可能です。

Q.モーターが回らない

リレーの安全装置(サーマル)が働いていませんか?

断裁トラブル Q&A

*「断裁トラブルQ&A」に掲載した内容は一般的な情報であり、これにより、生産した製品の品質を保証するものではありませんので、ご了承ください。
トライアルセット