なぜ、高速度断裁機というのですか?

はい、昭和40年代、自動締めや強力なクラッチの登場で断裁速度が上がり、それに対応した安全装置も登場し、それまでの断裁機とは一線を画する断裁機として高速度断裁機が登場しました。現在の大型断裁機は速度も40r/mと速いため、低速の小型機、事務機とは一線を画し、高速度断裁機と言っております。

その他の関連記事

各種ご依頼・お問い合せは、[メールフォーム]または、サービス受付 TEL.048‐251-0901まで。
株主優待で得をする!